マカオのカジノ完全攻略ガイド【初心者必見】 習慣

入場制限リスボアホテルカジノ 86840

などなど、マカオカジノについて隅々までピックアップしましたので、 年、マカオでカジノデビューしたい! と考えている方は、ぜひご参考に。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

傘を持っていると、人を攻撃する道具になりかねないため必ず入り口でストップがかかります。また買い物したたくさんのお土産やスーツケースなども止められます。 基本的には手で抱えられるくらいの大きさのバッグを1人一つまでが許容範囲のようです。リュックやショルダーなど形状は問いませんが、あまり大きいものは持ち込めません。 傘や大きな荷物を持っている人は、必ずクローク(荷物預り所)に預けましょう。大体カジノの入り口付近に位置しています。 クロークで荷物を預け、サインをして荷札の半券をもらいます。 コインロッカーなどではなく、人が対応するものですが、料金は無料です。チップも不要。 また宿泊者でなくてもだれでも利用することができます。 カジノは24時間なのでクロークも24時間開いています。荷物を取りに行くときは、預けたときの半券が必要なのでこれだけはなくさないようにしましょう。

(2)傘や大きい荷物の持ち込み制限

マカオにあるカジノには、入場制限があります。全ての方がそのカジノを利用できる訳ではありません。 現時点でそこを利用するとなると、少なくとも22歳以上でなければなりません。ですので21歳の方々などは、そこに入場する事はできないのです。 ではもしもその年齢以下の方々がそこに入場するとどうなるかと言うと、罰金が発生する場合があります。政府に対して所定の金額を支払う必要がありますし、マカオのカジノに対しても罰金を支払う必要があります。このため対象年齢以外の方がそこを利用してしまうと、お金を払う事になってしまうので要注意です。 ところで上記の22歳という制限は、現時点でのものです。今後状況によっては、そのルールが変わる可能性はあります。 現にマカオのカジノでは、一度その入場制限が変更になっています。数年前であれば18歳以上の方々は、そこに入場する事ができました。しかしある時からルール変更が発生し、現在では上記の年齢の方のみそこに入場できるです。ですので今後も変更になる可能性はあります。 TOP バカラ 大小(タイサイ) ファンタン ブラックジャック スロット。

マカオのカジノでの入場チェック知っておきたいこと4つ

世界にカジノがある国を例にして、年齢基準を見ていきます。 まず注意してほしいのが、 『カジノは成人になったら入場できる』 という考えを持っている方は、まずは その常識を投げ捨ててみてください。

ディスカッション