無料マネー・ホイール 人気

モバイルゲームウィールオブフォーチュン 292225

円盤の各区画には、数種類のシンボルのうちのいずれか一つが描かれており、ベットテーブルの上にもこれと同じシンボルが描かれているので、プレイヤーは所定の位置に停止すると予想するシンボルの上に賭け金を置く。何箇所に賭けても良い。全てのプレイヤーが賭けを終えると、 ディーラー は円盤を回転させる。回転する円盤を支える支柱の頂点には、皮革とフェルトでできたクラッパー clapper と呼ばれるベロが円盤の前面に垂れ下がるように取り付けられており、円盤が回転している間は円盤に打ち込まれた金属製の杭がクラッパーを連続して叩いて、このゲーム独特の音を発する。最終的に円盤が停止すると、クラッパーは必然的に二つの杭の中間に留まり、その区画に描かれているシンボルが当選シンボルとなる。ディーラーは、このシンボルへの賭けがあった場合は所定の配当を行い、それ以外のシンボルへの賭けを回収する。

荳肴・縺ェ轤ケ縺後≠繧句エ蜷・

HQは、ひとつの芸当しかできないものではないことを証明したいと思っている。ほぼ1年前、ヴァイン(Vine)の共同創設者たちの新しいスタートアップ、インターメディア・ラボ(Intermedia Labs)内でローンチしたモバイルアプリは、同社初の番組「HQトリビア(HQ Trivia)」でよく知られる名となった。 HQに対する最初の頃の口コミ評判は下火となり、いまでは 類似番組が続々登場している 。そんななか、HQは新番組のフォーマットをリリースすることに決めた。この10月に「HQワーズ(HQ Words)」を開始するという。HQ Wordsは、「ホイール・オブ・フォーチュン Wheel of Fortune: Wiki 」に似たクイズ番組だが、スマートフォンでのライブのゲームプレイを想定している。 HQはトリビアを超えて成長する準備ができた、と語るのは、HQの元最高技術責任者(CTO)で、現在は最高経営責任者(CEO)となったコリン・クロール氏だ。前任のCEOだったラス・ユスポフ氏はいま、最高クリエイティブ責任者に就任している。これは、(ヴァインにいた頃、同僚の女性に対して不適切な行動をしたという 報道 が「リコード[Recode]」に出て、3月に 謝罪文を出した )クロール氏が日々の業務の管理を担当し、ユスポフ氏が新番組の構想やデザインを担当するという戦略に基づく人事だ。 なぜ、いま新番組なのか? まず、HQはいくつかの技術的課題を克服しなければならなかった。ひとつは、初期のHQをプレイしたことがある人なら誰でも知っている誤作動だ。それとは別に人々は、アプリの裏をかき、素早く回答して、賞金を獲得できるようにするプログラムを作っている。HQは過去1年、数百万人の同時視聴者が誤作動を体験せず、なおかつ不正行為を防止するためのソリューションに投資してきた。

元祖ライブクイズ「 HQトリビア 」、新ゲームの提供間近:今度は「言葉当て」ゲーム

検索 画像 Play Gmail ドライブ カレンダー 翻訳 Blogger もっと見る フォト ドキュメント。 Account Options ログイン。 アカウント お支払い方法 定期購入 コードを利用 ギフトカードを購入 ほしいものリスト マイ アクティビティ 保護者向けのガイド。

ディスカッション