行く前に知っておくべきラスベガスカジノのルール!名店ホテルも合わせて紹介 レビュー

人気ゲームカジノホテル 423082

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。

Texas Hold’em

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? カジノの聖地ラスベガスではホテルにカジノが併設されていたり、空港にスロットマシンがあるなど、至るところでカジノに触れる機会があります。 ギャンブルをやらない人はカジノに少し怖い印象があるかもしれませんが、一攫千金を狙わずに節度をもっておこなえばとても楽しめる場所なんですよ。

ラスベガスのカジノホテル

ラスベガスでカジノができる主な場所 は、ホテルが立ち並ぶ「 ストリップ 」こと ラスベガス大通り か ダウンタウン のアーケード街。より 安全にカジノを楽しむ なら、断然 ホテルがおすすめ です! ラスベガス名物である多くの ホテル では、 1階がカジノエリア になっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、 宿泊客が必ず通る経路 なのです。 客室には冷蔵庫が付いていない ことも珍しくありません。他にも、面白い映画が部屋では見れなかったり、 Wi-Fi回線が遅い 場合があります。 イタリア・水の都ヴェニスをモチーフにした ホテルベネチアンは 、なんと客室が 全室スイートルーム ! セレブ気分で滞在 する事ができます。

ディスカッション