リゾカジ カジノレポート レビュー

ベット戦略リスボアホテルカジノ 625863

元々、ポルトガル領だった 「マカオ(澳門)」 。「東洋のラスベガス」ともいわれ、植民地時代の影響もあり、西洋の異国情緒が漂います。 年の中国返還後は、専ら内地の中国人富豪の消費センターとなっています。

マカオのスターワールドホテル内のカジノの遊び方!予算やレート・服装・行き方を解説

resocasi さんのツイート。 コメント( 8)。 乖離馬鹿さん、こんばんは。 Chuckと申します。 私もマカオでほぼルーレットばかりしております。 25HKDのテーブルで勝負されてるとのことで、当たり前ですが遊んでいるカジノが被っていて 勝手ながら親近感を覚えてしまいました。w 乖離馬鹿さんと同様の賭け方をしてる人を見たことがあります。 ひょっとするとご本人かも知れないですね。 所々にHKDやHKDのキャッシュチップをカラーチップの下に忍ばせるように賭けていました。 面白いことするなぁと眺めていました。w サンズ系列では、サンズとベネチアンでとのことですが、この系列のカジノはローローラー (乖離馬鹿さんは賭け方から言ってローローラーじゃないですねw)にも理解があるようで、 サンズとベネチアン以外でもサンズコタイのヒマラヤとパシフィカ、あとパリジャンにも それそれ台数は少ないですが5月の時点では25HKDのテーブルを置いてくれてました。 グラリスは仰られてる通りで残念ですね、改心して元の20HKD2台・50HKD2台に戻してほしいなぁ~と 思っていますが厳しいでしょうね。 回力の10HKDのテーブル発見の報はわたくしがさせていただきました。w あまりにも安くてギャンブルをしている気がしないですが、数少ないリゾカジルーレットプレイヤーズ で定期的に遊んであげて一日でも長く存続してほしいものです。w あと、シングル0のヨーロピアンウィールと球投入後の追い賭けに拘れているならダメですが、 アメリカンウィールの00抜きの変形シングル0のウィールと追い賭け不可でもよろしければ ファラオとレジェンドパレスにも20HKDのテーブルが5月の時点では1台ずつありました。 大昔はMGMとWynn、それとCODにも25HKDのテーブルを置いてくれていたのですが、50HKDに上げて 客が減って台が削減されるのを見つめてきました。 まあ、それでもまだ幾つかのカジノのルーレットテーブルを巡回して遊べますので、 私のマカオ通いはまだまだ続きそうです。w 今月末にも行きますのでアップデート書き込みますね。 では。 こんにちは、ルーレッチョと申します。 コメントさせて頂きます。 今澳門へは基本的にお盆にしか行きません(行けません)が、私も金沙が主戦場です。(金沙系が好きですがヴェネはダメです) 同じ様にシングルベット中心に勝負しています。 大した戦略ではありませんが、私は[1回置きの法則]なるものにのっとり、円盤でゾーンを決めて狙い撃ちします。 ほぼ短時間勝負ですが、勝つ時は結構大きいです。(負ける時は2、3回で4,位無くなります) 皆さんはいかがでしょうか? ルーレッチョさん、こんばんは。 Chuckと申します。 レポートトピック主の乖離馬鹿さんを差し置いて何ですが、日にちが開いても間延びしちゃいますので 僭越ながらコメントさせていただきます。 主戦場がサンズということで、私は以前ほとんど勝てずにサンズに苦手意識がありましたが、 この頃はそうでも無くなってきたので、マカオ滞在中はほぼ毎日サンズを訪れてプレイしています。 私はマカオのどこのカジノのルーレットテーブルでも同じ賭け方でプレイしておりまして、 インサイドとアウトサイドを併用して、ヘタレ野郎なものですから65%法とパーレイ法を 自己流にアレンジしたものを現在は使っています。 もちろんハウスエッジの壁と大数の法則は覆せていないのでしょうけど、増えるのも減るのも緩やかで 勝ててるゲームでは長い時間遊べてる気がしています。 短期決戦でドカンと賭けて勝ち逃げするのも快感ですが、私は長時間のんびりとディーラーや他の プレイヤーの人間観察をしながら遊ぶのが大好物です。w。

カジノ用語集 – カ行

グランドリスボア・ホテルを運営するのは、マカオのカジノ王、スタンレー・ホー博士が率いるマカオ最大のカジノ企業、Sociedade de Jogos de Macau(SJMグループ、澳門博彩股? 最上階には賭け金が高額になる VIP ルームも15部屋あり、テーブルも台用意されています。 ミニマムベット MIN BET )。 マックスベット MAX BET )。

ディスカッション