初心者がブラックジャックで勘違いをしてしまうルール! レビュー

ゲームライブディーラーカードを守る 34346

ディーラーに配られるカードの1枚はプレーヤー全員に見えるよう、 表向きに配られます。このカードをアップカード(Up Card といいます。 もう一枚の伏せてあるカードをホウルカード(Hole Card といいます。 ディーラーのアップカードが「A」の場合 ディーラーのアップカードが「A」の場合、ディーラーに BlackJackが成立している可能性が高いです。

ブラックジャックの実際のゲーム進行

ブラックジャック(Blackjack)は、トランプを使用するゲームの一種でカジノで行われるカードゲームではバカラと並ぶ人気ゲームです。 カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ると勝ちになります。 オンラインカジノにおいては、個人の裁量が入るゲームはブラックジャックとビデオポーカーのみです。あとゲームは運とベットコントロールのみでしょうか。 個人の裁量とはいえルールに基づくために基本戦略(ベーシックストラテジー)が確立されていますので、それを実践しながらベットコントロールしていくことが 確率的にカジノ側有利のルールを大きく縮小して勝利へつなげることができます。 手持ちのカードの数字の合計が 「21」 を超えない範囲で 「21」 に近い方が勝ちという単純明快なゲームです。 ブラックジャックは、プレーヤーとディーラーとの1対1の対戦形式で勝敗が決めることができます。 まずプレーヤーが自分の賭金を決め、テーブル上の指定された位置に賭金を置く事でゲームへの参加となります。 プレーヤーが賭金を置き終えると、ディーラーは各プレーヤーおよび自分 (ディーラー自身) にカードを2枚ずつ配ります。 ディーラーに配られた 2枚のカードのうちの1枚は全員に数字が見えるように表向きに配られます。この見えている方のカードのことを 「アップカード」 といいます。 プレーヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的な数字の合計を予想しながら、 自分がさらにカードをもらうかやめておくかの判断をします。「21」 を超えるまでは何枚でもカードを引くことができます。 プレーヤーがカードをもらい終えた段階でディーラーは自分の伏せてある方のカードも表に向け、全員の前で自分の手を披露します。  この段階でディーラーは自分の手の合計が 「16」 以下であった場合は 「17」 以上になるまでカードを引き続けなければならないし、 「17」 以上になった段階でディーラーはそれ以上カードを引くことはできません。 たとえプレーヤー全員の手が 「20」 や 「21」 であったとしても、ディーラーは自分の手が 「17」 以上に達していたら新たにカードを引くことはできません。 つまりディーラーには自分の自由な意思で決められる 「プレーの選択権」 が何もないということです。  こうしてディーラーの手が決まると (つまりディーラーの手には 「17」、「18」、「19」、「20」、「21」 もしくは 「22 以上」 の 6通りしかない)、 あとはプレーヤーの手とディーラーの手を照合しながら勝ち負けの精算を行います。同点の場合は引き分けなので賭金は動きません。 ほとんどのカジノのゲームは、長いスパンでは、カジノ側がプレイヤーよりも統計的に有利に出来ています。 しかし、ブラックジャックはプレイヤー側の選択の幅が大きく、「基本戦略(Basic Strategy)」として知られる統計学的に最適な行動をとることによりカジノの優位を大きく縮小することが出来ます。 細かいルールの相違にもよりますが、基本戦略に従った場合、カジノの控除率は0。

ライブカジノの仕組みとは?

それは ディーラーに「強い」「弱い」という概念は無い。 ということです。 なんて言っているうちは、 ブラックジャックのルールすら理解できていない。 という恥ずかしい状況なのです。 プレイヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的なハンドを 予想してヒット、ステイを選択して最終的な自分の手(ハンド)を作ります。 プレイヤーはバストしない限り何回でもヒットできます。 プレイヤー全員が順番にハンドを作り終えたら ディーラーはホウルカードをオープンしてディーラー自身のルールに従い 最終的なハンドを作り、各プレイヤーのハンドと比較して精算を行います。 タグ: ブラックジャックブラックジャック ルールルール。

ディスカッション