東京の誘惑の可能性もラスベガス・サンズが日本に戻る可能性は低い レビュー

日本県レベルのカジノ 978138

中国政府は、主要な工業および金融セクターを再活性化するたの積極的な金融刺激策を打ち出す予定をしており、これが同時にマカオの多くのプレミアム、およびVIPプレイヤーの資金を生み出すことになる。政府は、これらのプレイヤーが、景気回復に取り組む代わりに、 多くが外国人所有の カジノで時間と金を費やすことを好意的に見ないだろう。

マカオで起こったこと、直面した課題に学ぶ(3)

現在、基本方針は、案が公表され、第1回パブリックコメントの期間中(9月4日から10月3日)。 基本方針案は、第1回パブリックコメント結果、IR区域整備計画の手続き・申請期間などを追加し、第2回パブリックコメントに付される予定。 その後、年初に、基本方針は策定・公表される見通し。

上位3位に入らなければ負けになるレース

投資顧問会社のサンフォード C バーンスタインによると、規制上の、そして現地の情勢に劇的な変化がない限りは、ラスベガス・サンズ LVS が再び日本のIRライセンス獲得レースに参戦する可能性はかなり低いという。 東京は今、年に延期されたオリンピックの問題を抱えている。日本の手続きもまた、新型コロナウイルスの流行によって先送りになる可能性が高い。年中に、そして年の初めに都道府県レベルでRFP 事業者公募・選定 の勝者を決め、そしてその後21年下半期に国レベルで最大3つのライセンスを供与する計画はほぼ確実に先延ばしになるだろう。今とその時で状況が大幅に変わる可能性もある。 中略 東京が誘致レースに参戦するかもしれない。しかし、そもそも撤退したのと同じ理由から、 明らかに東京で勝てるチャンスがない限り サンズが戻ってくる可能性はごくわずかだ」。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。

ディスカッション