セガサミー会長はなぜ狙われたのか 機械ゲーム

を含む統合型リゾート韓国カジノ 513955

カジノ解禁はすぐそこまで迫っています。最短で5年後にも国内で本格的なカジノがオープンする。そんななかで、セガサミーが運営会社として一歩リードしていることは明らかです」 (全国紙経済部記者)。

韓国:Paradise カジノ売上高1月YoY28%増P-CityはYoY37%増と好調~肺炎影響2月から

paradise Cityの年月計の売上高の構成比は、ジャンケット経由が5%, テーブル(ジャンケット経由除く)が90%, スロットが5%。 テーブルDROPの内訳は、日本人VIPが42%、中国人VIPが19%、その他VIPが22%、マスが17%。 連結 年度3Q(月)業績: ・売上高KRW,mn,YoY30%増, EBITDA KRW65,mn,YoY2。

韓国:新型肺炎 Paraidse 外国人カジノ3施設は20日6時まで休場延長済州島は13日6時再開

外国人専用カジノ施設は、Paradise、GKLが大手であり、韓国証券取引所に上場する。両社、および、済州島Jeju Shinhwa World(Landing International Development, 香港上場)で、外国人専用カジノ市場のほぼすべてを占有。 アジア太平洋地区の主要市場(行政管轄区)では、マカオのみ営業継続中。ただし、マカオの営業継続は、雇用維持の目的が大きい。マカオでは、厳しい入境制限(中国本土, 香港, 台湾のみ入境可)、中国本土によるマカオ・ビザ発給停止(個人、団体)により顧客はほとんどいない状況が続く。 営業停止中の市場(行政管轄区)は、韓国(カンウォンランド-自国民の入場可能-, 外国人専用施設ほぼすべて)、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、シンガポール、マレーシア(Resorts World Genting)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。 現在まで、外国人専用カジノ施設は、営業を継続中。大手2社であるParadise Company Limited(Paradise)、Grand Korea Leisure(GKL)とも、休場を検討していない。 両社とも2月までは順調。ただし、3月より、主要な顧客ソースである日本、中国による韓国への渡航規制の影響が表面化しよう。 Paradise City(運営会社:ParadiseSegasammy, 出資比率:パライダイス55%、セガサミー45%)は、月累計には、Paradise全体のカジノ売上高全体の40%を占有。 Paradise Cityの月累計の売上高の構成比は、ジャンケット経由が6%, テーブル(ジャンケット経由除く)が89%, スロットが5%。 テーブルDROPの内訳は、日本人VIPが37%、中国人VIPが25%、その他VIPが21%、マスが17%。

2017年4月20日、韓国・仁川国際空港近くにカジノを含む統合型リゾート(IR)「PARADISE CITY|パラダイスシティ」がオープンしました。

日本を代表する総合エンタテインメントグループ「セガサミーグループ」が、韓国の「パラダイスグループ」と合弁で韓国初の統合型リゾート「パラダイスシティ」をオープン(年4月20日)。 カジノでは、日本からのお客様のために、日本の企業が運営するカジノだからこそできる日本式のサービスを提供しています。 空港からも近く、ソウル駅、南大門、賑やかな明洞にも隣接している7LUCKヒルトンはラスベガスをテーマにした華やかなカジノです。周りには多くの観光スポット、歴史遺跡、ショッピングタウンなどが造成されていて韓国の政治、経済、文化的な魅力が感じられる場所です。 「シティーカジノ」として是非押さえておきたいカジノです。

韓国の統合型リゾート「パラダイスシティ」に社員で行ったら楽しすぎた!

ディスカッション