【スロット】DEAD OR ALIVE Ⅱ-スペック紹介&徹底レビュー 機械ゲーム

入金ビットコインデッドオアアライブスロット 133660

スロットファンが待ち望んだ「Dead or Alive 」の後継機「Dead or Alive 2(デッド・オア・アライブ 2)」がネットエント社(NETENT)からリリースされた。3つのボーナスパターンの選択次第で、賞金が大きく異なる熱いスロットです。

3500種類以上のゲームがプレイできる

高額配当は保安官バッジや銃などで、低額配当はトランプの英数字になっています。 スキャッターは二丁拳銃です。 ワイルドは人物の図柄で、スキャッター以外の全ての図柄の代わりになります。 フリースピン開始時には、3種類から好みのものを選択します。 フリースピンは3パターン存在し、どれも初期スピン数は共通で12回です。 しかし、ヒットする頻度と付与されるボーナスが異なります。 TRAIN HEISTはワイルドが停止すると、マルチプライヤーとスピン数が1つずつ追加されるフリースピンです。 マルチプライヤーは上部のメーターで、フリースピン残数は下部で確認ができます。 メーターが16つ溜まり最高16倍のマルチプライヤーに達すると、5回のフリースピンがさらに追加されます。 OLD SALOONはマルチプライヤーが常に2倍のフリースピンです。 ワイルドが停止すると同じ位置に固定され、全リールにワイルドが現れると5回の追加スピンが付与されます。

【10Bet’s Saturday】土曜日は、バカラで遊んで入金不要ボーナスとフリースピンを貰おう!

プレイヤーへの還元率は 96。 この ワイルド絵柄はすべての絵柄の代用として使え、勝利のお手伝いに大活躍 します。 ボーナスゲームの爆発力が売りな機種なのにもかかわらず、Dead or Alive2では案外 通常モードでも頻繁に配当が発生するため、キャッシュの減りが穏やか です。 結果から言うと、 おすすめは一番右の『HIGH NOON SALOON』 です。 見た目では左側が低リスクに見えますが、 実際どれもリスクは同程度で、リターンは右が一番デカい といった印象です。

【仮想通貨①】ビットコインの歴史は壮大なサスペンスドラマ

ディスカッション