パチンコ大手、マカオのカジノ王に接近 機械ゲーム

スキルゲームカジノ大手ゲンティン 644041

スキルゲームとは? ビデオゲーム・ギャンブリング・マシン(VGM)であり、スキルを重視したゲームにより勝敗をかけてギャンブルするカジノ・ゲームの事です。一昨年前より、北米カジノ業界では、これまでの 「ゲーム・オブ・チャンス」 -(コンピューターソフトにより、乱数を発生させ、あくまでも運要素のみで勝敗が決定するゲーム)から 「ゲーム・オブ・スキル」 -(テレビゲームや家庭用ゲームのような、プレイヤーのスキルが勝敗の決定に関与するゲームで、パズルゲームやソリティアや簡単なスポーツゲームなどが含まれます)への移行が始まっています。従来は、アタリ、任天堂、XBOX、ソニープレステなど、家庭や友達同士でのゲームセンターなどでテレビゲームを楽しんでいましたが、現在では、オンライン・カジノでお金を賭けたゲームが続々と登場してきています。ラスベガスなどのリアルなカジノでも徐々にスキルゲームを設置しているカジノが目立つようになってきました。従来のスロットマシンのような 「ゲーム・オブ・チャンス」 に比べると、 「ゲーム・オブ・スキル」 は若いジェネレーションに受け入れられる要素が多く、スロット離れが厳しいカジノ業界に新風が吹かせることができるかが鍵になっています。監視管理局側としても、このゲーム・オブ・スキル普及いよる未成年ギャンブルの問題も出てくるので、慎重に検討をしているところも少なくありません。

スキルゲームってなに?

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

日本は「世界3位」のカジノ市場に化ける可能性

サンズは、自らの潤沢な資金やライバルを圧倒する時価総額も利点だと強調する。アデルソン氏は東京の記者会見で、「われわれは借り入れをせずに100億ドルを投資できる。ライバルにはできない」と胸を張った。 しかし、CLSAのアナリスト、アーロン・フィッシャー氏は、カジノ運営会社にとって資金力は深刻な問題にならないとみている。カジノ事業を有望とみる銀行から、積極的な融資を期待できるからだ。フィッシャー氏は、そのうえで、政治的コネも重要なポイントになる可能性があると指摘している。 アデルソン氏のライバルの中には、すでに日本企業と組む意向を示している企業もある。MGMのミューレンCEOは、自社が過半数を握るコンソーシアムを結成することを念頭に、さまざまな業種の日本企業と協議していると述べている。アジア進出の実績がない米シーザーズ・エンターテインメント も「現地パートナーとの強固なコンソーシアム」を模索しているという。 ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。

ディスカッション