31システムを使ってルーレットやってみた【実録動画】 機械ゲーム

日本版カジノルーレットで赤黒勝負 877328

ラスベガスのカジノにおけるルーレット台において、 「トリプルゼロ」 (写真)が広がりを見せている。  これは、カジノ側の利益を拡大するためのルールの改変であり、プレーヤーである客にとっては大いなる改悪。  つまり極めてゆゆしき問題であり、客側の対応策や注意としては、 このようなルーレット台には絶対に近寄らない ことだ。  まずは、ルーレットにくわしくない読者のために、ルーレットの基本について簡単にふれておきたい。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

確率論で行くと、それぞれの配当が当たる確率は以下の様になる。 0〜36の数字 37分の1 それぞれは、0があるので37分の1で確率が下がるがほぼ以下の確率となる。 1〜18・19〜36・偶数・奇数・赤・黒 2分の1 1〜12・13〜24・25〜36 3分の1 1〜34の縦のライン・2〜35の縦のライン 3〜36の縦のライン 3分の1。 先程、説明した通り、ルーレットはそれぞれの場所で当たる確率が決まっているので、一番高い確率は、2分の1の場所になる。 ですが、確率50%では勝率も50%となってしまうので、いまいち良さがありません。 だから、賭ける場所を増やして、確率を3分の2に上げるのです。 頭の良い方は、もう既に解ったと思いますが、3分の1で当たるゾーンを2つカバーすれば、3分の2の確率で当たります。 以下の様に賭ければ良いだけです。 もし、上記の様な2列をカバーした賭け方をした場合、全く配当が得られないゾーンは、5つの数字(0、15、18、21、24)のみとなります。 なので、毎回のプレーで、ハズレは、37分の5となるのです。当たるよりもハズレの方が大変になります。 両方当たったので、ゾーン別にいうと・・・ 1〜12は、負け 25〜36は、25の3倍で当たりなので、配当75ドル 縦列1〜34は、負け 縦列2〜35は、25の3倍で当たりなので、配当75ドル となり、100ドルのベットで、配当150ドルとなります。 という様に、この必勝法では、当たれば最大でベット額の1。

関連記事(一部広告)

特定取引情報 ルーレット1点張りの極意 一 極 法。 今までルーレットのベッティングシステムはアウトサイド(赤黒、コラムなど)ばかり研究してきた。 インサイドは確率が悪く、始めから無理だと無視していたのである。 それが、あるときライブのネットカジノで、インサイド専門の張り方を見て、このような賭け方もあるのかと目が覚めた。 それはフラワーベットに近い方法で、インサイドに10点近くも張り、それが不思議なほどよく当っていた。 右図がフラワーベットで、23を中心にして花のようにベッドする。 中心の23に当れば144倍の高配当。 23以外の19~27に当っても必ず利益となる。 表を見て分かることは200回以上のハマリは少ないが、100回以上はかなり頻繁に出現する。 さすがに300回以上は1回のみで、どうやら 最大のハマリは300回転台と思われる。 100回以上のハマリが連続して出現することがあり、また、連続の後に1~2回の間をおいてまた100回以上のハマリとなるなど、通常のベッティングシステムでこれを攻略するのはかなり難しい。 特に1回の当りで、それまでの損出をカバーする方法では危険が大きく、いつか必ず破綻する。 このルーレット一極法は上記のようなハマリを回避し、必ず訪れる当りの集中帯にて資金を増加させる方法である。 ルーレットで勝つコツはハマリを見極め、連続して当る番号を見つけることが最重要と言える。 パチンコではハマリ台を打つのは厳禁である。 1000回以上も当っていないと、もうそろそろ来るのではと打っても、ほとんど損となる。 たとえ当ったとしても、単発で終り飲み込まれてしまう。 表では12番がそれに相当する。 100回以上のハマリが4回、200回以上が3回も出ている。 このような番号をもう来るだろうと意地を張って粘ると、最悪の結果になる。 「当たり台を追え」 はパチンコだけではなく、ルーレットでも同じである。 確率的に考えると大ハマリを追うのが論理的に思えるが、ギャンブルではそれが傷口を深めることになる。 連続当りの集中地帯 ル-レットを長く続けていると、途中で頻繁に同じ番号が続けて出ることがある。 下図では0が続けて出ている。3回連続も意外と多い。 ルーレット一極法ではこのような連続局面で威力を発揮する。 左は20が連続5回出ている、珍しい例。 非常に珍しいが、ギャンブルに絶対という言葉はない。 あり得ない様な現象が生じるのがカジノである。

ルーレットで一番確率が上がるベット方法は?

ルーレットは、「カジノの女王」とも呼ばれる花形ゲーム。ルーレットと聞けばカジノを思い浮かべるのではないでしょうか。 大きいテーブルに大きいホイール(回転盤)にディーラーがボールを回す姿は非常に格好がいいものです。 ただ、チップの色が限定数しかないために参加人数が限られます。赤・黒に賭ける程度で参加するのはどうしても敷居が高く感じます。 また、ベテランディーラーならば狙ったポケット近辺にはボールを落とせるということです。 そのために、ボールを回転させてからもベットが可能ですね。オンラインカジノでもライブゲームなら可能でしょうが・・やってないでしょうね。 それほどのベテランディーラーはいないですし、コンピュータ画面を見ながらのカメラ前での操作ですからね。見る人が見ればすぐにわかります。 ルーレットのホイール(回転盤)には均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されています。 ポケットには赤か黒かの色がついており、0(00、)は緑色です。 ホイールの種類はヨーロピアンスタイルルーレット、アメリカンスタイルルーレットの2種類が主流で、ホイールの種類によって数字の並びやオッズが異なります。 ヨーロピアンスタイル 37区分(1から36、0) アメリカンスタイル 38区分(1から36、0、00)です。 ディーラーの癖、出目の偏りが、ルーレット必勝法である。 左はライブルーレット3種の出目表です。一目瞭然で出目に偏りがあるのがわかります。真ん中などは黒が8連続です。 確率ですのでいずれは均等に終結するわけですが、短期の中では必ずこのような偏りが発生します。 これを読むこと以外にルーレットで勝てる方法はありません。無論理論などあるわけも無く経験則 になるわけですが、約1/2の確率を10%高めれば勝つことができますので流れを読むことは非常に重要なことです。 これは、バカラなども同じで、機械的に処理された数字に賭けるだけなので、勝ち負けに個人の技量が入らない ルーレットは勝ちやすいといえます。 HOME   Mobile。 オンラインカジノについて 信頼できるカジノの選択 カジノソフトウェアについて ソフトのインストール 無料プレイで腕試し チップ購入について ボーナスについて 払い戻しについて カジノ最新情報ブログ。

ディスカッション