2009年4月 ARCHIVES 起動

超高額賞金イベントコペンハーゲンカジノ 946724

前回のポーカースターズ・カリブ・アドベンチュアー(PCA)の優勝者はHarrison Gimbelで今までの一番若い優勝者でした。以前チームポーカースターズプロElkYも優勝したことがある。二人とも優勝で2億円ぐらいの賞金を獲得しました。

2018年度 世界のベストレストラン50

近年ラスベガスへ訪問される方々の目的が「カジノでギャンブル」ではなく、多様化が進んできたとお話させていただいている。世界中のお金持ちが集まり、世界有数のエンターテイメントがいつでも観られて、いつもどこかで「ドキドキ」「ワクワク」の驚嘆をさせてくれる街であることはエルビス・プレスリーやフランク・シナトラが歌っていた頃から変わりがない。ただ、「ギャンブルありき」の括りがかなり薄れてきているのは事実である。ラスベガスは、エンターテイメントの都と言われるが、昨今、ガストロノミー業界ではニューヨークやサンフランシスコに劣らず、世界でも有数なセレブシェフのレストランが数多くオープンしている。中でも、シーザーズ・パレス内にある「 ギィ・サヴォア 」はあの「 ラ・リスト 」が選出する世界レストラン・ランキング2年連続第一位を取ったフレンチ・レストランの姉妹店である。しかしながら、ラスベガスのレストランも世界的な標準、いや、アメリカの中でもまだまだだった事が分かった。 そんなこんなで、先日、ヒトサラマガジンとネットで出くわし、面白い項目を見つけてしまったので、今回は「 世界50のベスト・レストラン 」の選考会について取り上げさせていただいた。 皆さまのご感想、コメントなどお寄せください コメントをキャンセル。 オススメの関連記事 「ベガスで食べるなら、やっぱりバフェ」Vol。

カジノで1000万円の過去一勝利?時間ないから30分で100万円賭けたら怖いくらいトントン拍子で勝ってしまった…

2009年4月30日 19:20

現在のアメリカを代表するシェフであり、フードジャーナリストでもあり、著書やテレビ番組のレギュラー出演などでも著名だった アンソニー・ボーデイン 氏が先日、ロケ中の滞在先フランスのホテルで死体で発見されました。死因は自殺。親友のフランス人シェフが8日朝にストラスブールのホテルの部屋を訪れ、息の無いボーデインさんを発見した。ボーデイン氏はTravel Channelを経てCNNなどのテレビ番組で世界中を周り、各地の文化や料理、人々を紹介していてきました。フランスにはCNNのシリーズ番組「 パーツ・アンノウン 」(邦題:アンソニー世界を駆ける)の制作のため訪問中でした。 ボーデイン氏は料理を通して世界中の人々と通じ合うことで、文化交流をしてきました。アメリカ国内でも各界の人々とテレビ共演したり、インタビューを行ってきました。トランプ米大統領は、ボーデイン氏の遺族に弔意を示し、「彼の番組はとても興味深いものでした」、「彼は本当に素晴らしい人物だった」と言及しています。オバマ前大統領もツイッターで、年のアジア歴訪中にベトナムで食事を共にした経験を振り返ったツイートをしています。 【画像は バラック・オバマTwitter公式アカウント 】。 ボーデイン氏はニュージャージー州レオニアで育ち、10代の頃からアルバイトでレストランで働き始めた。幼い頃に家族でフランスへ旅行中食べた「牡蠣」にあまりにも驚愕し、料理の世界へはいることを志すようになった。ニューヨークのVassar College(ヴァッサーカレッジ)に2年通った後に退学。ニューヨーク市内にある由緒ある料理学校、Culinary Institute of America(CIAと呼ばれている) コーリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)を年に卒業。米北東部でコックや副料理長を務め、マンハッタンのレストラン「Les Halles」(ブラッスリー・レ・アール)で総料理長に就任したのが年でした。 著作家として頭角を現して来たのが、年に料理界の裏話などを描いた米誌ニューヨーカーへの寄稿で注目され、年のベストセラー、高級レストランの裏側を描いた暴露本とも言える「キッチン・コンフィデンシャル」の発表でした。料理番組の案内役として国際的なスターへの道を歩み、13年からCNN出演していた。 シェフたちは4日間の滞在中に、地元の工芸作家とふれ合い、里山を巡って食材を集め、坂網猟や酒蔵、漁港訪問や旅館でのおもてなしを体験するなど、これまで日本で脈々と受け継がれてきた伝統や食文化を目の当たりにしました。最終日のディナーでは、世界中からたくさんの外国メディアが集まり、シェフたちは石川で得たインスピレーションをもとに地元の食材を用いた創作料理を披露しました。世界のシェフと地元の工芸作家が3か月以上かけてやりとりし、共同して器を作り上げるという挑戦もありました。世界のトップシェフたちが日本の里山に入って野生の食材を集めたり、地元の人々と交流する姿が海外のメディアを通じて情報発信されたことは、それを見聞きした海外の方に日本の食の安全・安心を伝えるこの上ないメッセージになるはずです。このイベントを通じて石川の魅力を紹介しつつ、現在の日本のありのままの姿を海外に向けて積極的に情報発信することで、東日本大震災による風評被害の払しょくと、海外からの観光誘客回復に繋げていきたい。 Cook it Raw 日本語のビデオはこちらから。 皆さまのご感想、コメントなどお寄せください コメントをキャンセル。

2010年7月31日 22:50

昨日Bertrand Grospellierが記録を作っていましたが今日はヨーロッパポーカーツアー事態がそうしていました。昨日"ElkY"プロが60テーブル以上を同時にプレイし、今日EPTが54テーブルで始まりました。今まで一番大きなグランドファイナルでした。

ディスカッション