オンラインカジノの経営には厳しい審査があります 起動

適法性スペインのカジノ 620411

ただ、 基本的にオンラインカジノ運営企業の運営が合法的でないという事ではありませんし、 良くない事をしているというわけでもありませんから、その点を勘違いしないで頂ければと思います。

IR*ゲーミング学会

オンライン賭博に関しては、各国が各々個別の制度を設けて、公益を保持するために一定の規制をしてきたのが現実になるが、国境を超える概念であるインターネットを利用する賭博行為に関しては、個別の国のみの規制では、様々な社会的事象や技術的な課題等を解決できないことも明らかになりつつある。この現実に鑑み、欧州委員会は、新たなEU法としての規制を導入するのではなく、各国における制度的状況とベスト・プラクテイスを今後更に精査し、加盟国と協議の場を設け、お互いの対話と調整を加速化することを実践すること、加盟国が独自の制度を保持しつつも、その行動においては包括的、かつ類似的な政策を取り、弱者保護や不正・いかさま等を防止し、抑止するための共通的な原則を加盟国が共有することをその目的としている。 包括的な政策行動指針、共通原則等を打ち立てることにより、法規制ではないが、実務的に一定の同じ包括的な施策が取られることになる。これにより、整合性のある政策的イニシアチブを取ることができるとする妥協的な考えになるといえよう。 上記動きを踏まえて、欧州委員会は年3月に、「域内市場におけるオンライン賭博に関するグリーン・ペーパー」 Green Paper on on-line gambling in the Internal Market 並びに、事務局作成付帯書類を公表し、同年7月を期限とし、広く公開意見を募る手段をとった。まず、オンライン賭博を手掛かりに、域内の事情と事実を正確に把握、公表し、課題を抽出して、EU域内の規律は如何にあるべきかに関し、各国の為政者、関連する事業者・団体、市民の意見を募り、これをあるべき制度設計に生かすという試みになる。この結果はいまだ議論の過程にあるが年以降のEUの行動計画の中に反映される可能性が高い。 という内容になる。この結果、消費者保護を前提とした、EUレベルでのオンライン賭博基準・標準がルールとして制定される可能性がかなり高まったことになる。勿論これは最低線の基準であり、状況次第では各国毎にその規制は厳格になりうることになる。この場合、EUと各国規制者という二重の認証になり、EUが認定する安全賭博マーク(EU secure gambling mark)なる考えを導入してはどうかとする考えもある。但し、より厳格な各国規制当局による規制がある場合には、この方が当該国の国民にはより信頼できる仕組みになる。EU議会は賭博行為に関し、何らかの域内調和(Harmonization)規定を設けることには継続して反対しているのだが、一方EU委員会は年10月に、消費者保護を目的に何等かの共通的な規範形成に関し、には行動を起こすことを明言している。 ポルトガルでは、リスボンをベースにした慈善団体(Santa Casa)に、インターネットを含むスポーツ・ベッテイングの独占権が制度的に付与されている。ところが、ポルトガル・サッカー協会(Liga, Portuguese Football League)と国外のインターネット・ゲーム事業者であるBwin Intractive Entertainment AG Bwin が、後者がスポンサーになり、外国からインターネットを用いスポーツ・ベッテイングを提供したことが、当局により摘発され、罰金刑を受けた。これに対し、この刑罰は欧州法違反として年にBwinがポルトガル政府を提訴した事案になる。オンライン・ギャンブルの一定国における独占行為が、EU法上有効か否かをテストする最初の欧州裁判所の判決となったが、年、欧州裁判所は、不正防止や犯罪抑止を目的とする限り、一国による賭博行為への規制は、法的には正当とみなし、Bewinの提訴を却下した。判例は「ポルトガルの規制は、差別的ではなく、かつその目的を達成するに必要なこと以外の規制をしない限り、一定の政策目的を達成するためには正当化される」とした。これにより、 状況次第では 一国が賭博行為に独占権を付与することの正当性が再確認されたことになる。また、欧州裁判所は、「Bewinが例え他の加盟国で同じサービスを提供することが認められ、かつネットを通じて同サービスを他国に提供する場合、対象となる当該国に一定の管理と規制があったとしても、当該国としてはその運営事業者の質と清廉潔癖性を評価できず、国民がいかさま、犯罪から完璧に守られるという確信を与えるものではない」とした。よって、「欧州条約第49条の規定は、加盟国が他国で合法的に類似的なサービスを提供するBewinのような事業者がインターネットを通じ、かかるサービスを他の加盟国に提供することを禁止する規制を排除するものではない」ということになる。ネットを通じた他国からの賭博サービスの提供を加盟国が禁止することは適法としたわけで、ネット賭博を域内で認めるという動きには反する判例となった。

オンラインカジノは違法なのか?逮捕事例から違法性をチェック|オンラインカジノ初心者ナビ

この混沌とした状況を見て、年10月にプーチン大統領が介入し、実質的にカジノ賭博を禁止する内容の法案を議会に提示、年12月30日に議会で可決された。法律の内容は、都市部における全てのカジノ施設とスロット・パーラーの全面的閉鎖であり、既存施設の段階的閉鎖を命じる内容になる。一方、全てのカジノを禁止したわけではなく、ロシア国内では、観光地とはほど遠い過疎地ともいえる4つの地域にのみ、特別区を設け、この4つの地区におけるカジノ施行を認め、カジノ運営のライセンスを付与するとした。同様に、インターネット賭博も禁止されたが、国が運営するロッテリーとブック・メーカーは禁止の対象とはなっていない。4つの地域とはいずれも、過疎地に近く、一つはRusskiy島のPrimorsky Krai(極東ウラジオストック市から52Km)、二つ目は中国国境に近いシベリアのAltai Territory、三つ目はRostov に近いKrasnodar。四つ目は、 リトアニア、ポーランドに挟まれたKaliningradとなる。ロシア国内に無数に存在した全ての小さなカジノやスロット・パーラーは全て年7月1日までに閉鎖、一方、投資規模が万㌦以上、施設規模が平方フィート以上の大きな既存のカジノは年7月末までに閉鎖することとされ、この措置は厳格に実施された。 欧州大陸においては、現在に至るまで、米国的な巨大投資を伴う統合型リゾートを作ろうという動きは、英国やスロベニア等にも過去存在したが、いずれも様々な制約要因を克服できず、実現できていない。小規模、多数を前提として長年に亘り成熟市場を形成してきた欧州市場においては、市民社会におけるカジノ施設の位置づけは米国とは大きく異なる。この欧州諸国において、米国的なマス市場を狙うカジノを核とするIR 統合型リゾート やMICEが実現できるか否かは、未だ定かとはいえない。 イタリアの国境に近い4ヶ所にカジノが存在する(ベニス~スロベニア国境~, サンレモ~フランス国境~, サン・バンサン~スイス国境~, カンピオーネ~アルプス国境~)。これら4つの施設は内務省が規制者として管理し、施設自体は地方政府が所有している。サンレモ、ベニスでは市政府が運営を担うが、キャンピオーネでは民間事業者に運営が委託されており、地域毎に管理事情も異なる。過去の制度や慣行に基づきその存在が求められているとはいえ、これら4施設の管理に関し一般的な規範が存在するわけではなかった。かつ過去の経緯より、この4施設以上に新たなカジノ施設を実現する議案が過去議会には提出されてはいるが、実現していない。 スエーデンでは、同国刑法の規定により、国が認証していない賭博サービスを提供することは犯罪行為となる。賭博行為を制限する根拠は、公共秩序を維持し、犯罪を抑止し、依存症を防止するためとある。例外的に、制度として認められた賭博行為は、「ロッテリー法」(年Lotterilagen)と「カジノ法」(年Kasinolag)という二つの法律に基づいている。このロッテリー法が定義するロッテリーとはVLTやパリ・ミュチュエル賭博等を含むかなり広い定義となっている。この二つの法律により、全ての賭博行為は、賭博種毎に国、地方政府、国の機関によるライセンス交付の対象となり、かつ全ての賭博行為は、国の機関である「スエーデン・ゲーミング委員会」(Gaming Board for Sweden)が法の全般的な施行の監視・監督を担う役割を担っている。地域単位でのロッテリーのライセンスの付与は市、郡等の地方政府が権限を保持し、専ら非営利団体にライセンスが付与されている。その他の国レベルでのロッテリーや様々の賭博種は国が国営企業となるATG社及びSvenska Spel社に対し、独占的なライセンスを付与しており、一部のゲーム種に関しては上述したスエーデン・ゲーミング委員会がライセンスを付与するという複雑な仕組みである。一方、陸上設置型カジノは、別途「カジノ法」で規定され、国営企業による独占が制度上明記され、上述したSvenska Spel社が独占事業体としてその運営を担っている。同社が運営するカジノ施設は4ヶ所になる(ストックホルム、ゴータベルグ、メルモ、サンズヴァル)。 この様に、スエーデンの特色は、国がかなりのウエイトで賭博市場を独占している状況にあった。かかる国の独占行為が適切といえるのか、市場を開放すべきではないのかという懸念が社会的に生じ、スエーデン国内でも、過去様々な訴訟が提起されることになった。一方、スエーデン行政最高裁判所は一貫して国による独占行為を保護する判決を下している。国家による独占は、全体としての社会と個人を保護し、公益に適っており、正当化されるとする論拠になる。これに対し、年10月に、欧州委員会は賭博行為の独占は、公法間での整合性を保持し、組織的に賭博行為を制限するという目的のためになされなければならない旨を通告したが、スエーデン国内法廷は、国内法による独占は釣り合いがとれ、かつ非差別的として、欧州委員会に反発した経緯がある。年1月、スエーデン政府による国内ベッテイング市場の正式な調査報告は、オフショアのベッテイング会社がネットを通じ国内消費者にサービスを提供することを止める手法は最早無く、国内法と欧州法との整合性も必要というスタンスをとった。年4月に欧州委員会は、その他の国と同様に、スエーデン政府に対し、スポーツ・ベッテイング・サービスを制限する国内法の措置が、域内の自由なサービスを保証する欧州条約第49条に違反しているのではないかとして正式に状況報告を要求した(あくまでもスポーツ・ベッテイング分野のみでかつ、欧州条約との整合性を問うたもので、その他の課題については言及がない)。その後の政治的状況は、政権交代もあり、Svenska Spel社による独占を廃止し、特定のスポーツ・ベッテイング分野に関しては、ライセンス許諾制により、外国事業者による参入を認めるという方向へと転換することになった。よって、今後、制度と体制の再構築が行われることになる。

ディスカッション