「日本のカジノ」に米サンズが100億ドルの賭け 起動

を選ぶべき理由カジノリゾート参入方針 306706

PAGCORがマニラのカジノ営業再開のための請願書提出を明かす   フィリピンのゲーミング規制機関であるPAGCORは、先月営業再開への請願書を提出し、現在は全国のランドベースゲーミング営業を再開するのため、新型コロナウイルス対策で設置された省庁間タスクフォース IATF からの承認を待っていると話す。   Inside Asian Gamingは、新型コロナウイルスによる規制が、フィリピン首都圏で月曜、強化されたコミュニティ隔離 Enhanced Community Quarantine:ECQ から、一般的なコミュニティ隔離 General Community Quarantine:GCQ 措置に引き下げられたことを受けて、PAGCORに対して、カジノおよび統合型リゾートの営業再開の許可がいつになるか関する具体的な見通しがあるのか質問し、同規制機関は、すでに事業者たちが従うと合意している提案中の安全ガイドラインのリストを含め、そのような要請をすでに行なっていると明かした。

日本は「世界3位」のカジノ市場に化ける可能性

サンズは、自らの潤沢な資金やライバルを圧倒する時価総額も利点だと強調する。アデルソン氏は東京の記者会見で、「われわれは借り入れをせずに100億ドルを投資できる。ライバルにはできない」と胸を張った。 しかし、CLSAのアナリスト、アーロン・フィッシャー氏は、カジノ運営会社にとって資金力は深刻な問題にならないとみている。カジノ事業を有望とみる銀行から、積極的な融資を期待できるからだ。フィッシャー氏は、そのうえで、政治的コネも重要なポイントになる可能性があると指摘している。 アデルソン氏のライバルの中には、すでに日本企業と組む意向を示している企業もある。MGMのミューレンCEOは、自社が過半数を握るコンソーシアムを結成することを念頭に、さまざまな業種の日本企業と協議していると述べている。アジア進出の実績がない米シーザーズ・エンターテインメント も「現地パートナーとの強固なコンソーシアム」を模索しているという。

を選ぶべき理由カジノリゾート参入方針 278059

想定される運営企業は海外勢

障害福祉&政治・社会・平和問題ニュースサイト 障害福祉&政治・社会・平和問題最新ニュース投稿。 記事一覧 リスト表示 グリッド表示。 ホーム 次のページ。 プロフィール Author:gogotamu 障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介。 カテゴリ 福祉全般 48。

ディスカッション