オンラインカジノを始めるなら控除率のことは理解しておくべき 起動

カジノ投資戦略控除率 250815

当サイトでも これらの言葉は一律同様の意味で使っておりまして 、前後の文脈でカジノ側がどれぐらい有利なんだな、どれぐらいピンハネしてるんだな、というのがわかるかと思いますが。英語の意味合いだと若干違うようなので自分の理解ですがまとめました。良かったら読んでおいてください。

知らなきゃ赤字!カジノのハウスエッジについて

カジノの胴元は、カジノ運営会社 であり、ゲームによって控除率が変わるが、ざっくりと 5%~20%ぐらいの目安でピンハネ できるようになっている。 麻雀 は、技量で優劣がわかれるものの、胴元はいない。では、参加者が平等に勝つ権利を得るか?というと、雀荘でやる場合は、雀荘が、時間に比例して場代を徴収する。徹夜明けで、点数を計算したら、4人ともマイナスで、場代くんの1人勝ちなんてこともある。 ここから先は、経験者なら誰でも体感することだと思うが、(麻雀は技量次第という面もあるが、技量の似たもの同志でやることを前提に考えると) 麻雀もFXも大数の法則から逃れることができない のである。 では、同じくギャンブルの 麻雀はどうかというと 、(そもそも、これも投資ではないけれどw)麻雀の世界では、少々の技量の差があっても、その日のツキのばらつきで、勝ち続けることは難しい。純粋にギャンブルとして楽しむには素晴らしいゲームだが、 トータルで勝ちを確定させるには、圧倒的な技量の差と数えきれないぐらいのゲーム数をこなさないといけない。

カジノの有利性を表す用語の整理

控除率とはカジノが徴収する手数料の割合であり、理論的にはこの数値の分だけ負けてしまうということになります。 ルーレットであれば5パーセント前後なので、円賭けた時には平均して円程度負けるという計算です。 日本の公営競技は25パーセント程度あるので、円を賭けると円平均して負ける計算になりますから、控除率が大きくなればなるほど不利になるということがわかるでしょう。 ブラックジャックはカジノの中でも控除率が極めて小さいゲームのひとつであり、普通にプレイをすると10パーセント程度ですがベーシックストラテジーと呼ばれる基本戦略をおさえれば1パーセント程度まで下げることができます。

不動産投資の勝ち負け

しかしカジノのゲームは続ければ続けるほど、 意図的に作られたルールと配当からできたハウスエッジが じわじわとあなたの資金を食い潰していきます。 だからこそあなたがカジノで一つでも多くの「勝ち」を手にしたいなら、 まずは「ハウスエッジ」についての認識を正確に、 そして深く理解することが必要なのです。 一刻も早く原価率(ハウスエッジ)を知らないことに気づき、 原価率(ハウスエッジ)を意識しながら料理を提供(カジノでプレイ) する必要があるのです! この棒グラフは代表的なカジノのゲームそれぞれに 毎回1,円賭けた場合、毎回いくら損するか? を各々のゲームの確率から算出したグラフです。

ディスカッション